家賃滞納・明渡のことなら東京・埼玉の司法書士法人萩原事務所にお任せください。

家主様の強い味方

家賃滞納・明渡し相談所




司法書士が格安で明渡し手続きができることをご存知ですか?

家賃滞納によるトラブルをお抱えの家主・賃貸会社様向けに建物の明渡し問題などの
対策をお手伝いする「家賃滞納・明渡請求相談所」です。東京・埼玉を拠点に、
賃料滞納による立ち退き対応、督促、訴訟、退去命令、回収まで、専門家による
法律サポートをいたしておりますので、お気軽にご相談ください。



司法書士法人萩原事務所
和光市駅徒歩1分(アクセス) 渋谷相談室 渋谷駅徒歩3分(アクセス)
上野相談室 上野駅徒歩5分アクセス)

お気軽にお問合せください

0120-181-142

営業時間

9:00~18:00

司法書士による
滞納家賃請求・ 建物明渡請求・建物明渡執行とは

司法書士が格安で滞納家賃請求・明渡請求ができることをご存知ですか

■ 訴訟・裁判と言えば弁護士さん、登記は司法書士と言ったイメージがありますが、司法書士も平成14年の司法書士法改正によって、法務省が定めた研修(司法書士特別研修)の課程を修了し、考査に合格した司法書士(認定司法書士)に限って、一定の範囲の訴訟代理権が付与されるに至りました。

 一定の範囲の訴訟代理権とは、訴訟物の価格が140万円までの民事紛争について、訴訟外の和解交渉は勿論、民事訴訟手続、即決和解手続、支払督促の手続、証拠保全の手続、民事保全の手続、民調調停の手続などを、貴方に代わって代理人として行えるということです。

 訴訟物の価格とは民事訴訟上、原告被告に対し主張する一定の権利ないし法律関係(訴訟物)を評価した金額です。

 例えば、140万円の滞納家賃のみを請求する場合の訴訟物の価格は140万円ですので、認定司法書士が貴方の代理人になれるということです。 

 次に建物明渡しを請求する場合の訴訟物の価格は建物の固定資産評価額の2分の1と決められています。 そして、アパート等の一部屋を明渡し請求する場合の訴訟物の価格は、建物全体の評価額から当該部屋の割合を算出することになります。

 例えば、アパート4部屋(同じ面積)のうち、一部屋の明け渡し請求する場合、一棟の建物の固定資産評価額が1,000万円としますと、その2分の1の500万円、さらにその4分の1の125万

円が訴訟物の価格となります。

 そして、明渡と同時に滞納家賃も合わせて請求するときは、延滞家賃の請求は付帯請求といって訴訟物の価格には算定されません。

このように、ほとんど。延滞家賃の請求や明渡しの請求は認定司法書士で対応が十分可能です。

 そして、建物明渡し執行においては、司法書士は代理権はありませんが、相手との交渉はなく、執行申立書等の書類を裁判所に提出することによって手続きが進んでいきますので、司法書士には、書類作成の権限がありますので、こちらも十分サポートが可能です。

 当事務所は3名の訴訟、執行に精通した認定司法書士が在籍しておりますので、どんなことでも、ご相談、ご依頼頂ければ幸いです。

お問合せはこちら

 お問合せ・ご予約専用

0120-181-142

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

ご連絡先・業務エリア

代表司法書士萩原博です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

事務所

〒351-0114
埼玉県和光市本町5-6
柳瀬ビル2階
電話 048-451-5731
FAX 048-451-5732

渋谷相談室

150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-2
エクラート渋谷ビル401
(司法書士は常駐してませんので、必ず予約のうえご来所ください)

 

業務エリア


埼玉県
朝霞市 志木市 和光市 
新座市 富士見市 川越市
ふじみ野市 さいたま市 
川口市 所沢市
※その他 埼玉県全域
東京都
渋谷区 世田谷区 港区
目黒区 新宿区 豊島区
杉並区 中野区 板橋区
練馬区 文京区 品川区
※その他東京23区
清瀬市 三鷹市 
調布市 八王子市
※その他東京都下
栃木県 茨城県 群馬県
千葉県 神奈川県 静岡県
その他の地域は
ご相談下さい

始めての方お問合せは

0120-181-142

事務所概要・アクセスは
   こちらです