家賃滞納・明渡のことなら東京・埼玉の司法書士法人萩原事務所にお任せください。

家主様の強い味方

家賃滞納・明渡し相談所




司法書士が格安で明渡し手続きができることをご存知ですか?

家賃滞納によるトラブルをお抱えの家主・賃貸会社様向けに建物の明渡し問題などの
対策をお手伝いする「家賃滞納・明渡請求相談所」です。東京・埼玉を拠点に、
賃料滞納による立ち退き対応、督促、訴訟、退去命令、回収まで、専門家による
法律サポートをいたしておりますので、お気軽にご相談ください。



司法書士法人萩原事務所
和光市駅徒歩1分(アクセス) 渋谷相談室 渋谷駅徒歩3分(アクセス)
上野相談室 上野駅徒歩5分アクセス)

お気軽にお問合せください

0120-181-142

営業時間

9:00~18:00

滞納家賃回収方法

滞納家賃を回収するには

未払い家賃に対しては迅速な処置が大切です

■ 賃借人にとって家賃は住居費として生活
費の一部です。余程の理由がない限り、その支払を滞納することは問題です。1か月はま

だにしろ、2カ月、3カ月と滞納が続くと回
収が困難になります。

 そうならないうちに、家賃の未払いが発生した場合は、迅速に、また毅然とした態度で請求することが大切です。賃借人は賃貸人の顔色を見ています。一度甘い顔を見せますと、再度の滞納を繰り返すことが多いです。家賃の支払いに関しては「良い大屋さん」になる必要はありません。

①   まずは、本人に口頭、文書で催告をして、滞納の理由を見極める

 家賃の未払いが発生したら、直ぐに文書や口頭で催促しましょう。
最初の催告は早ければ早い程、効果があります。
納の理由は色々あるとおもいますが、その理由を詳しく聞き、単なるうっかりなのか、今後も滞納が続く可能性があるかを判断することが大切です。

②  保証人への請求

 建物の賃貸契約には賃借人に連帯保証人が付いている場合がほとんどです。
連帯保証人は、債務者と全く同じ義務を負いますので、本人がどのような理由であっても、いきなり連帯保証人に請求することができます。
 しかし、賃借人本人は滞納した事実を連帯保証人に知られたくない等、面子があるでしょうから、最初から連帯保証人に請求するのは考えものです。
感情的になってまとまる話も、まとまらなくなることもあります。
 そこで、本人と滞納家賃の支払いの約束ができたときは、「もし約束が守れない場合いは保証人に連絡させて頂きます」と釘をさしておくことで、約束をより確実なものにしますし、約束が履行されなかった場合は速やかに連帯保証人にも請求できます。
 なお、支払の約束は出来るだけ、念書、確約書等の書面に残しておくことをお勧めします。 

③  それでも滞納家賃の支払いがない場合

 賃借人本人に請求しても、また連帯保証人に請求しても支払がされない、このような場合は、明渡し請求も合わせてすべきです。
そのためには、まず賃借人に対し、賃貸借契約を解除する旨の意志表示を行なう必要があります。この意志表示は、証拠を残すため内容証明ですべきです。

お問合せはこちら

 お問合せ・ご予約専用

0120-181-142

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

ご連絡先・業務エリア

代表司法書士萩原博です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

事務所

〒351-0114
埼玉県和光市本町5-6
柳瀬ビル2階
電話 048-451-5731
FAX 048-451-5732

渋谷相談室

150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-2
エクラート渋谷ビル401
(司法書士は常駐してませんので、必ず予約のうえご来所ください)

 

業務エリア


埼玉県
朝霞市 志木市 和光市 
新座市 富士見市 川越市
ふじみ野市 さいたま市 
川口市 所沢市
※その他 埼玉県全域
東京都
渋谷区 世田谷区 港区
目黒区 新宿区 豊島区
杉並区 中野区 板橋区
練馬区 文京区 品川区
※その他東京23区
清瀬市 三鷹市 
調布市 八王子市
※その他東京都下
栃木県 茨城県 群馬県
千葉県 神奈川県 静岡県
その他の地域は
ご相談下さい

始めての方お問合せは

0120-181-142

事務所概要・アクセスは
   こちらです