家賃滞納・明渡のことなら東京・埼玉の司法書士法人萩原事務所にお任せください。

家主様の強い味方

家賃滞納・明渡し相談所




司法書士が格安で明渡し手続きができることをご存知ですか?

家賃滞納によるトラブルをお抱えの家主・賃貸会社様向けに建物の明渡し問題などの
対策をお手伝いする「家賃滞納・明渡請求相談所」です。東京・埼玉を拠点に、
賃料滞納による立ち退き対応、督促、訴訟、退去命令、回収まで、専門家による
法律サポートをいたしておりますので、お気軽にご相談ください。



司法書士法人萩原事務所
和光市駅徒歩1分(アクセス) 渋谷相談室 渋谷駅徒歩3分(アクセス)
上野相談室 上野駅徒歩5分アクセス)

お気軽にお問合せください

0120-181-142

営業時間

9:00~18:00

ご依頼から解決までの流れ

ご依頼から解決までの流れ

ご依頼から解決までの流についてご説明します

 

①お電話でのご相談 

 現在の大まかな状況をお聞きして、解決の見通しをお話しさせていただきます。面談でのご相談をご希望の場合は、日時を予約させて頂きます。

 ②面談での相談・依頼 

 ご来所の際は、賃貸借契約書・建物図面・家賃の入金明細(通帳等)をお持ち頂くと具体的なアドバイスができます。
なお、正式にご依頼頂く場合は、本人確認書類(免許証、保険証等)印鑑(ミトメ)が必要になります。
 (なお、渋谷相談室面談を希望の方はその旨をお伝え下さい)

 

③内容証明で滞納家賃の請求および、賃貸契約解除通知を行ないます。

 明渡しの要件として賃貸契約の解除が必要です。そのため滞納家賃の請求と併せて後に証拠が残るように内容証明で通知します。
 この段階で解決することもありますが、余程の事情がない限り、一度延滞トラブルを起した賃借人は再度同じ事を繰り返します。
そのため、滞納賃料の支払いの和解をする場合は、公正証書作成・追加保証人・追加担保を請求する等、慎重に行います。
 また明渡しにつき合意が成立した場合には、明渡しを確実に行うため、裁判所に即決和解の申立をすることもあります。

 

④場合によっては、占有移転禁止の仮処分の申立てを行ないます

 判決を取って、明渡しの段階で、本人に代わり、家族、友人が入居していたということが多々あります。 判決の効力は相手本人にしか及びませんので、これを防ぐための必要な手続きです。

 

⑤明渡訴訟提起

 話し合いでの解決ができないと判断した場合は、即、延滞家賃の請求を含めての明渡し訴訟を提起します。判決が出るまでに3ヶ月から6ヶ月かかります。この間、話し合いの和解交渉を続行します。
合意が出来た場合は裁判所で和解します。和解調書は確定判決と同じ効力があります。

 

⑥明渡強制執行

 判決が出ても、賃借人が任意で明渡しをしない場合、または行くえ不明等で明渡しが実現できないときは強制執行により、執行官立会のもとに明渡しを行ないます。

お問合せはこちら

 お問合せ・ご予約専用

0120-181-142

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

ご連絡先・業務エリア

代表司法書士萩原博です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

事務所

〒351-0114
埼玉県和光市本町5-6
柳瀬ビル2階
電話 048-451-5731
FAX 048-451-5732

渋谷相談室

150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-2
エクラート渋谷ビル401
(司法書士は常駐してませんので、必ず予約のうえご来所ください)

 

業務エリア


埼玉県
朝霞市 志木市 和光市 
新座市 富士見市 川越市
ふじみ野市 さいたま市 
川口市 所沢市
※その他 埼玉県全域
東京都
渋谷区 世田谷区 港区
目黒区 新宿区 豊島区
杉並区 中野区 板橋区
練馬区 文京区 品川区
※その他東京23区
清瀬市 三鷹市 
調布市 八王子市
※その他東京都下
栃木県 茨城県 群馬県
千葉県 神奈川県 静岡県
その他の地域は
ご相談下さい

始めての方お問合せは

0120-181-142

事務所概要・アクセスは
   こちらです